終末の彼方 ③ † 予兆 †

 

 

 

 

フンッ!

 

 

ハァッ!

 

 

オォウリャァァアア!

 

 

 

愛刀を振り下ろす度、ビルが崩れ瓦礫が吹き飛ぶ。

 

 

 

 

 

 

さすがに本調子とまではいかないがまぁまぁだ。

 

 

 

 

 

 

鈍りきった体に魔力・・・いや、こちらではフォトンと言うのだったな。

 

 

 

まぁそのフォトンを急激に流したせいで魔力回路が焼き切れそうになっているが・・・

 

 

 

 

 

くははは。

 

 

 

 

 

その痛みすら心地よい。

 

 

 

 

 

 

だが足りぬ。

 

 

 

 

 

 

もっと

 

 

 

もっとだ!

 

 

 

 

 

 

この程度の痛みでは私の心は満たされぬ!

 

 

 

 

 

 

・・・・。

 

 

 

 

 

 

いや、満たされる事などもう・・・。

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

 

 

・・・来たか。

 

 

 

 

気配を感じ振り返るとそこには見知った顔があった。

 

 

 

 

 

かつて娘が所属していた会社にいた奴等だ。

 

 

 

 

 

社長と呼ばれるあやつに来るようにと言伝を頼んだはずだが、あの目狐め。

 

 

 

 

 

何を企んでいるのやら・・・。

 

 

 

 

 

まぁよい。

 

 

 

 

 

せっかく用意してくれたのだ。

 

 

 

 

 

まずはこやつ等から楽しむとしよう!

 

 

 

 

« だいしゅき! »

0 0 0 1


ひとがた
ひとがた

甘ったるいカフェオレが大好き。
基本的に役立たずで扱いが難しい。
怒らせると怖いらしい、ともっぱらの噂。

ひとがたの記事一覧



終末の彼方 ③ † 予兆 †”に0件のコメント


コメントはこちらから(画像反映に時間がかかる場合があります)

メールアドレスが公開されることはありません。