終末の彼方 ④ † 最終話 †

 

 

 

 

 

フンッ!

 

 

 

ズボォ!

 

 

 

ハッ!

 

 

 

ズボォ!

 

 

 

 

私が愛刀を振るう度、地面から足が生えたような近代アートが出来上がる。

 

 

 

男だか女だかわからんようなオブジェと蝶だか蛾だかわからんようなオブジェだ。

 

 

 

それら2つのオブジェが出来上がるとネコ耳のメガネが溜息をつきながらムーンを投げる。

 

 

 

 

 

というやりとりを続けているのだが・・・。

 

 

 

 

 

敵わぬと理解して尚、挑んでくるのは目的が時間稼ぎ、だからであろうな。

 

 

 

ならばそろそろ頃合だとは思うが・・・。

 

 

 

 

 

と、ようやくお出ましか。

 

 

 

 

 

ふーむ?

 

 

 

 

 

あの「社長」とやらの姿が見えぬがどういう事だ?

 

 

 

 

 

焦らされるのは嫌いではないが、今は少々時間がないのでな。

 

 

 

 

 

さっさと片付けて出てきてもらうとするか・・・。

 

 

 

フンッ!

 

 

 

ハッ!

 

 

 

 

 

ほほぅ、なるほど。

 

 

 

 

先ほどの奴等とは動きがまるで違う。

 

 

 

 

さすが本命、といったところか。

 

 

 

 

連携も素晴らしい。

 

 

 

 

波状攻撃で我を休ませぬつもりか。

 

 

 

 

しかしそれでも我のHPを削りきる事は出来ないようだが?

 

 

 

 

どうした、ここへ来て撤退か?

 

 

 

 

そのような事、許すはずが無かろう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは一瞬の事だった。

 

 

 

 

奴等が引くと同時に放たれたそれは防御を易々と貫き

 

 

私の体に大きな風穴を開けていった。

 

 

 

 

「あやつめ・・・まさかこれを狙って・・・」

 

 

 

 

考える間もなく焼ききれた魔力回路からフォトンが暴走を始める。

 

 

 

 

抑えようにも損傷が激しくもはや制御が効かない。

 

 

 

 

娘も守れず、復讐すらできず、何が大魔王か。

 

 

 

 

すまぬな、娘よ・・・。

 

 

 

 

私はただの凡夫だったよう・・だ・・・

 

 

 

 

「そんな事はございません」

 

 

 

 

途切れかけた意識を持ちこたえさせたのは部下の声だった。

 

 

 

 

「あなた様は私共が仕える唯一の主でございます」

 

 

 

「どうか我らを最後まで大魔王様のお側に・・・」

 

 

 

 

 

私など放ってどこへなりと行けばいいものを・・・。

 

 

 

この・・・大馬鹿者めが・・・。

 

 

 

 

 

 

「ハティ、スコル、マーナガルム・・・許す。最後まで共をせい・・・。」

 

 

 

 

「「「はいっ」」」

 

 

 

 

 

私の魔力回路にそれぞれが同調し暴走したエネルギーに圧力をかけてゆく。

 

 

 

 

やがて一点に圧縮されたエネルギーが臨界を超え・・・

 

 

 

 

 

 

激しい閃光と衝撃があたり一面を包み込む。

 

 

 

 

 

そこには何も、誰も残ってはいなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唯一つ、この手記を除いては・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

« だいしゅき!

0 2 0 1


ひとがた
ひとがた

甘ったるいカフェオレが大好き。
基本的に役立たずで扱いが難しい。
怒らせると怖いらしい、ともっぱらの噂。

ひとがたの記事一覧



終末の彼方 ④ † 最終話 †”に0件のコメント


コメントはこちらから(画像反映に時間がかかる場合があります)

メールアドレスが公開されることはありません。